茨城500選×5(後編)

昨日、おとといと茨城県500選ツアーの後編に出ていました。
初日は県内西部の古河からスタートし、真壁、筑波山と3ヵ所を歩き、翌日は東の鹿島、潮来コースをウオークしています。
歴史的建造物の並ぶ真壁、あやめの潮来は震災の液状化現象の影響が強く、建物や道が所々痛んでいるのがよく判りました。
茨城県のコースは3月はじめから4月末頃が花も綺麗で良いのですが、今回は強い日差しとうだるような暑さの中で、お疲れの事と思います。ご苦労様でした。
 
 

飛騨神岡ツーデーウオーク

8/25-26に開催された「飛騨神岡ツーデーウオーク」ツアーに行ってきました。8月も後半ですが、まだまだ残暑が厳しい毎日です。ツアー初日は岐阜県と長野県の県境にある野麦峠のコースを歩きました。写真は途中の休憩で立ち寄った道の駅で、青い空と白い雲と緑の山々。そして野麦峠の入り口です。

 

小説「あゝ野麦峠」で有名になったこの地は、かつて大勢の女工さんたちが諏訪地方の岡谷へ生糸工業で働くために越えて行った峠です。今日は標高1,672mのお助け小屋からスタートし、女工さんたちの帰り道となる方向を歩きました。コースは緑溢れる山道で、いくつか急な登り下りもありましたが、せせらぎを聞きながら気持ちよく歩くことができました。そして山の天気は変わりやすいということを身をもって体験しました。私の傘はバスの中…。

 

今年で第10回目を迎える本大会は、北は北海道、南は福岡県、全国からたくさんのウオーカーが集いました。

 

個人的に初めて参加しましたが、見渡す限り山々に囲まれ、自然のど真ん中を歩くのはとても爽快です。途中の休憩ポイントでは飛騨の山から流れ出た冷たい水に冷やされた美味しいトマトを頂きました。夏休みに田舎のぢいちゃん家に来た!そんな感じでした。美味しかったです!

 

バスdeウオークでは大会初日のゴール後、お客様を飛騨高山へご案内しました。ところが最近流行のゲリラ豪雨に遭ってしまい、その写真はありません…残念!

大会2日目も素晴らしい山道を歩きます。赤い屋根の建物は宿泊した流葉山荘です。コース途中に見えて来たので撮りました。広い空と大地に、赤い屋根が妙にハマっている感じです。

 

お待ちかね?恒例の大会弁当です。両日ともお茶がついてて嬉しかったです。ツアーのアンケートでは、やはりおにぎりが良い、という意見が多かったです。ゴール後もトマトのおもてなしがあったのでそれだけでお腹一杯!?ごちそうさまでした。

 

暑い夏は日陰がとてもありがたいです。トンボやバッタにも久しぶりに会えて、心もリフレッシュできました。もうすぐ秋、ウオーキングシーズンの到来です。バスdeウオークでウオーキング大会へ是非お出掛け下さい。

花の寺 群馬・埼玉

  
「花の寺」ツアーで群馬・埼玉まで行ってきました。
群馬、みなかみの「玉泉寺」、東国花の百ヶ寺の中で最大の ハギ寺との事です。ハギは咲き始めで二分咲きと言ったところでしょうか。
お寺の方のお話によると満開時には大変混み合うそうです。
大変多種のハギがある為、さぞかし綺麗な事でしょう。
夏休みで賑わう道の駅川場田園プラザでのお昼休憩を終え、埼玉行田へ移動しています。
熱射の中の500選行田ウオーク(途中突風に吹かれるなど、短めながらも色々とありました)、ゴールさきたま古墳公園横のはにわ&ゼリーフライ屋さんが取り壊されていたのが気になりました。
後日調べてみると7月24日に火災があり、閉店してしまったそうです。行田ウオークの後はここでゼリーフライを食すことが恒例?になっていたのでとても残念な気持ちです。
最後に市内にある「満願寺」へ。住職様から金沢翔子さん(平清盛の題字を書いた方)の「絆」の書を見せていただきました。ありがとうございました。
時期は違いますが樹齢600年のシダレが立派です。サクラの時期にまた訪ねてみたい場所です。
 

いわて花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ

今年で15回目の「いわて花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ」です。
私は初めて参加しました。「とにかく暑い!」との評判は事前にたくさんの方から聞いていましたが、まさにその通りで、ヘバりました。
初日は東京から移動の日で、世界遺産平泉を観光・ウオークしています。
毛越寺の涼しげな浄土庭園、輝かしい中尊寺金色堂、改めて一日かけてのんびりと廻ってみたい場所です。ウオーク途中に通り雨が降り、その後はキレイな虹が出ました。久しぶりに見た気がします。
土・日の大会は両日10kmコースに参加。コースは良好です。途中、休憩所での地元の方々のおもてなし「漬物、麦茶、豚汁」が美味しく、とても親切にしていただき清々しい気分で歩けました。
次回は滅多に見る事の出来ない「イギリス海岸」をこの眼で見てみたいと思っています。
暑さと長距離移動でかなりくたびれたので、休みの翌日は体が全く動きませんでした。これも夏の思い出です(?)
 
 

茨城500選×5前編

こんにちは。事務所の引っ越し等でばたばたしてまして、遅れましたが8/7~茨城500選×5前編の添乗日記を書きたいと思います。
(8/15より事務所移転しました。新住所〒113-0023 東京都文京区向丘1-13-1 KRDビル1F フリーコールは変わりません)

ツアー初日、茨城県の北端まで移動し、五浦のコースを歩きました。快晴の8月、水分補給が欠かせません。コース上はまだ昨年の震災の痕跡が見られ、以前歩いたコースの一部は立ち入り禁止でした。ゴール後は大津漁港市場食堂でお昼休憩です。

 

次は高萩のコースです。県指定文化財の穂積家住宅を見学後、スタートしました。のどかな緑多い田園風景のコースは子どもの頃の夏休みを思い出させるコースでした。

 

2コース歩いた後、ホテルに行く前に袋田の滝に立ち寄りました。日本三名瀑のひとつとして有名ですが、個人的には初めて訪れました。4年前に高さ450mのエレベータ展望台が新設されたとのことで、真正面と上からと、2種類の景観が楽しめるようになっています。滝はかっこ良かったです。

 

ツアー2日目です。宿泊先の奥久慈温泉から常陸太田まで移動、市の郷土博物館を見学してからウオークスタートです。水戸黄門の隠居所「西山荘」まで歩きました。途中かなり趣のある山道も歩きます。日陰がありがたい陽気でした。

 

次は水戸のコースです。スタートは弘道館に設定しましたが、こちらの施設も地震で漆喰の壁が崩れたまま、被害の大きさを物語っています。偕楽園近くの千波湖はさまざまな鳥たちが羽根を休めています。

 

ツアー最後のコースは笠間です。笠間稲荷神社から笠間工芸の丘まで歩きました。ゴール後、JAの直売所で買い物休憩をとりつつ帰京しました。たくさんの夏野菜が並んでいました。私はトウモロコシを買って帰りました。虫が入り込むほどの新鮮さでした。美味しかったです!

 

8月後半には続編のツアーがあります。でっかい青空、広がる緑、やかましい蝉の声…、どこか懐かしさを感じる茨城の路を一緒に歩きに行きませんか。皆さまのご参加をお待ちしています。

花の百ヶ寺めぐり 東京

昨日は花の寺ツアーで東京西部へ出てきました。
あきる野市「大悲願寺」、八王子市「長福寺」の2ヶ寺です。
ともに夏の花「ハギ」、「サルスベリ」がメインとの事でしたが、「ハギ」は残念ながらまだ早く、咲き始めのものがちらほら見られるのみでした。
「サルスベリ」はどちらのお寺も綺麗に咲いていましたが、一番咲揃っていたのは午後歩いた500選コース小平グリーンロード沿いのものです。
ゴール後、東京ガスの「GAS MUSEUM」を自由見学しています。
私が生まれる前、昭和40年代の炊飯器などを見て、皆様ノスタルジックな気分に浸ることが出来たのかな、と思いました。
 
 

花の百ヶ寺「千葉」

7月最終日、花の寺ツアーで千葉へ行きました。
午前中に香取神宮参拝と、佐原の500選ウオーク、道の駅「水の郷さわら」での昼食休憩をして、午後は3つのお寺めぐりです。
最初の大龍寺さんでは本堂天井の龍絵図、花の絵図を拝見させてもらいました。下の写真、皆さんが何故寝っころがっているのかわかりますか?
住職さまから「寝て見ると絵がよく見える」とアドバイスを受けてのものです。天井絵は色鮮やかで素敵でした。
 
境内には夏の花「ノウゼンカズラ」もきれいに咲いていました。
その他、君津市「娑羅観音」様の黄金色も印象的でした。