9/19花の百ヶ寺めぐり

花の百ヶ寺めぐりシリーズで栃木方面へ行ってきました。当日は朝から雨…。次第に回復してくれると信じながら東京駅を出発です。

はじめに鹿沼市にある常楽寺へ。自然豊かな里山の風景に心が和みます。目的のヒガンバナにはまだ早く、咲き始めの一輪を観ることができました。ハギの花や、ソバの花もたくさん見られました。

 

移動して、道の駅にしかたで昼食休憩です。レストランや地場の野菜販売等あります。こちらで食べたとちおとめのジェラートです。美味しかったです!個人的にたまねぎを大量購入しました。

お昼のあとはウォーキングです。今日は壬生の歩きたくなる道500選コースを歩きました。壬生城址公園から市内をぐるっと約5kmです。城址公園のお堀にはたくさんの鯉が泳いでおり、城門などもきれいに整備されています。写真は城址公園と途中の黒川にかかる吊り橋です。

 

続きまして、栃木市西部にある清水寺です。セイスイジと読みます。ここは周辺がぶどう畑で、付近にはぶどう園や直売所がたくさん並んでいます。こちらもヒガンバナを見に行きましたが、やはりまだ早かったようです。こちらの十一面千手観音像は栃木県指定重要文化財に指定されており、観音堂を住職にご案内して頂きました。

 

花の百ヶ寺めぐりツアーでは、初めてご参加の方にお試し半額キャンペーンを実施中です!皆さまのご参加をお待ちしております。