壱岐対馬ウオーク

先週木、金曜は壱岐対馬ウオークでした。
長崎空港から対馬まではプロペラ機で移動です。はじめて乗りました。
対馬到着後は直ぐに500選ウオーク、その後はいきものめぐりスタンプの該当施設「対馬野生生物保護センター」へ。幸運にもツシマヤマネコを眺めることが出来ました。肌寒かったのでじっとしています。
 
対馬北部の「異国の見える丘展望台」からは韓国・釜山市が望めました。写真には見えていませんが、確かに、この目で見ています。

翌朝は6:45のジェットフォイルで壱岐へ移動です。早朝にも関わらず多くの方が乗船しています。

壱岐へ早くに到着できたので、余裕ある島内観光が出来ました。
左は松尾芭蕉の愛弟子「河合曾良」の墓、右は黒崎砲台跡です。
 
そして壱岐を代表する猿岩を訪ね、集合写真を撮影、うに工場の見学やお昼休憩を経て、
最後に500選ウオークをしています。作業中に遭難された海女さん達を祀られたと言われる「はらほげ地蔵」から、芦辺港まで、水しぶきを浴びながらの素晴らしいコースでした。
 
天気にも恵まれましたが、どちらの島もゆったりとしていて、都会での慌しい日々を忘れてのんびりと過ごすことの出来た二日間だったな、と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です