世界遺産ウオーク「熊野古道①」

ある日~森の中~くまもんに~出会った~

失礼しました!

という訳で世界遺産ウオークシリーズです。今年で登録10周年を迎える「熊野古道」に行って参りました。バスdeウオーク史上最高の「お客様の日頃の行いのおかげ」が発揮され、3日間とも晴天に恵まれたツアーでした。

ツアー初日、新大阪駅から出発して人生一路、紀伊半島の南を目指しました。まずは周参見駅~見老津駅までの大辺路・長井坂のコースです。案内板の世界遺産の文字に気持ちも高まります。

k1 k2

地元の語り部さんの説明を聞きながら最初の森を越えると綺麗な田園風景が迎えてくれました。その後集落を突き抜けてゆくと、いよいよ長井坂へと向かう山道です。

k3 k5

途中、尾根道からのぞかれる港の風景。さらに進んで急な下り道を降りきってゴールです。コースは平面上で約8kmほどですが、悪路の上り降りのため歩行時間は4時間でした。皆様本当に健脚です。

k4 k6

今日の宿は紀伊勝浦のホテル浦島です。船で入館するユニークなスタイル。洞窟風呂も良かったです。温泉で疲れを癒しました。

k7 k8

ツアー2日目、ホテルからバスに乗り込み、那智の大滝へ移動してからスタートです。

k9 k10

その後、階段を相当上って汗だくになりながら青岸渡寺と熊野那智大社を見学。多くの観光客で賑わっていました。ここから大門坂の下りコースへ。

k11 k12

綺麗な石畳が状態も良く残されています。さらに下ってゆくと夫婦杉の巨木がお出迎え。その大きさが伝わりますか?!

k13 k14

続きまして、バスで数分移動して補陀落山寺を見学しました。南方に補陀洛浄土を目指し渡海する上人達の出発点でした。しかしそれはほとんど死に向かってゆくような行為だったようです。こちらを見学後、歩きたくなる道500選の速玉大社へ向かうコースを歩きました。写真右は浜王子。

k15 k16

こちらはほぼ平坦な町中にある熊野古道を歩くコースです。ゴール後、お昼休憩。今日のお弁当は熊野地方の名物「めはり寿司」です。高菜の葉っぱでくるんだおにぎりといった感じです。

k17 k18

昼食後、三重県に移動して伊勢路のコースを歩きました。今回は松本峠のコースです。熊野古道といってもその全てが世界遺産に認定されている訳ではありません。松本峠は山を越えてゆく厳しいコースですが、石畳の保存状態の良い区間が世界遺産に認定されているので今回ご案内させて頂きました。

鬼が城センターからいきなりきつい登りでスタートです。登り切ると七里御浜が遠望できます。天気も良くて最高!

k19 k20

さらに進んでゆくと松本峠に到着しました。ここからが世界遺産に認定されている石畳の区間に入ります。本当に昔の人はよくこんなに石を運んだものだなぁと感心してしまいます。

k21 k22

松本峠終了後、本日のお宿・川湯温泉へ。河原を掘ると温泉が出るということで、露天風呂が本当に河原の中に作られています。掘りたい人にはスコップの貸し出しもあるとのことでした。やりませんでしたけど!

翌日、ツアー最終日です。今日も良い天気!この日は小辺路のコースからスタート。小辺路は高野山から熊野本宮大社までをつなぐ参詣路です。途中、本宮大社手前からは中辺路と合流するようになっており、今回はその合流直前の区間だけが小辺路ということになります。写真左の舗装道路が小辺路です。写真右は中辺路との交差地点。

k23 k24

中辺路に入ってからは所々熊野古道らしい石畳のある道を通って熊野本宮大社へ。ここでしか買えないおみやげ「もうで餅」が人気あるようでした。

k25 k26

そしていよいよツアー最終コース、中辺路「赤城越え」のコースです。こちらは案内人=語り部の方と歩きました。コースには至る所に案内板が立っていて、道に迷う危険は少なそうです。

k27 k28

こちらもUP-DOWNの激しいきついコースでした。皆様頑張って歩きました!尾根道に出ると遠くの山々の新緑が綺麗です。

k29 k30

悪路に苦戦しながらやっとゴールの湯の峰温泉に到着です。本来はここで温泉入浴後出発予定でしたが、時間の都合上温泉は断念して頂きました。本当に申し訳ありませんでした。山道に入る場合のスケジュール管理の難しさを痛感しました。今日のご当地弁当「さんまの押し寿司」です。

k31 k32

熊野古道はやはりきついコースが多く、軽登山といった気持ちで臨む必要がありそうです。しかしそれだけに普段めったに見れない景色にたくさん出会える場所でもあります。最近、熊野古道で心も体も元気になろうという熊野セラピーなるものがあるということを聞きましたが、熊野の森の中を自然の声を聞きながらのウオークにはまさにそういった効果があるように感じました。これからもバスdeウオークとしてそういった心地よい道を皆様にご案内できたらと思います。

3日間怪我もなく見事に熊野古道を歩ききった皆様に感謝です。ありがとうございました!

第23回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ

つめ込んだハ~ッピ~ これ~からも~いつまでも~ど~こ~ま~でも~

失礼しました!好きですJ(S)W。

福井県と言えば都道府県別の幸福度No.1の県ということです(日本総合研究所が健康、文化、仕事、生活、教育分野などの60項目の指標を基に分析した都道府県別の幸福度ランキング・2014年版)。そんな福井県は若狭町で開催された「第23回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ」に行って参りました。

ツアー初日、この日は歩きたくなる道500選のコースを2つ歩き、日本百名城を2箇所訪問しました。まずはメガネで有名な鯖江市の500選コースです。西山公園の周辺を1時間ほど歩きました。さくらやつつじの季節にまた訪れたい公園です!

m1 m2

続きまして怒濤の百名城!スケジュールの関係で滞在時間はぎりぎりまで削った鉛筆のように短いです!押印のみで本当にすいません!一乗谷城と丸岡城でした。また来ます!

m3 m4

幸福度No.1の福井県にある自殺の名所…東尋坊の500選コースです。天気が良いからとても死ぬ気にはなりません!生きてるだけで丸もうけ!全身が皮膚!自分でもよくわかりません!

m5 m6

若狭・三方五湖ツーデーマーチはJMLという大きな大会ですが、個人的には初参加でした。なんとなくですが、幸福度No.1というのが分かるような感じがしました。つまりブータン的なものを感じたからかも知れません。

m7 m8

スタート時は曇天気味の空模様でしたが、お昼近くになると夏のような青空へ。無防備に日光と戦いまして見事に完敗、数日後に一部のスキンが壊死しました。STAP細胞があったらなぁ!と思っているうちに雰囲気の良い熊川宿を経由してゴールです。

m9 m10

大会2日目。朝から塗りました。日焼け止めクリーム今年初出動です。この日は開通前の若狭道を歩きました!

m11 m12

途中、地元の方にご接待していただきました!へしこのおにぎりまいゆー!ごちそうさまでした!サンキューブータン!そして名産の梅の木も。

m13 m14

バスdeウオークではこの日ゴール後、さらに敦賀の500選コースを蛇足的?に歩きました。気比の松原~氣比神宮まで。

m15 m16

まだ5月半ばだというのに、夏を感じさせるような空の青さでした。 日焼け対策が必要ですね!外は暑くても涼しいバスで楽々移動なバスdeウオークにご参加下さい!

e-旅花倶楽部 5月 栃木&茨城

5月のe-旅花倶楽部は栃木県茂木にある「花の山」を訪ねました。
こちらは4月初旬が見頃で、夏に向けて花が変わっている時期だったもので
観る事ができたのは、コデマリ・山ツツジ・紅キリシマ・ウツギなどです。
山だけあって、木の洞から顔を覗かせていたカエルやヘビとも遭遇するなど楽しい一日でした。
DSC00035
DSC00040
IMG_0875 IMG_0877
道の駅もてぎでの昼食休憩の後、茨城の笠間に移動し、笠間神社や坂本九旧宅を散策しています。もう少し早ければ藤棚が見頃だったのでしょうか..花はその年によって開花ががらりと変わるのでタイミングを合わせるのは難しいですね。
DSC00045 DSC00046 DSC00049

九州国際スリーデーマーチ

個人的には3年ぶり3度目の九州国際スリーデーマーチ参加です。
初日は人吉駅で名物「山麓おにぎり」、久しぶりに味わいましたが前よりも大きくなっているような気がしました?!焼酎蔵も立ち寄りしたかったのですが、この後に暗い球泉洞散策があった為断念です。金曜から日曜まで大会参加。土曜日は肥薩おれんじ鉄道で日奈久温泉を散歩。
こうして地方のツアーへ出かけた時に電車に乗れるのはとても楽しいです。乗車方法やきっぷの買い方もそれぞれ異なります。
そういえば、八代では1度も雨に降られた記憶がありません。
いつもよりも1泊長いツアー、毎日30度近くの炎天下で羽田に着いて皆様とお別れしてから30分、あまりの疲労感でベンチに座り込んでしまいました。これからの季節に備えて体調管理をしっかりとしたいと思います。
DSC00002
DSC00003-(2) IMG_0806 IMG_0816 IMG_0820 IMG_0834 DSC00029-(2) DSC00031