第16回 SUN-IN未来ウオーク

毎年6月の第一週に開催されます鳥取県倉吉市のSUN-IN未来ウオークのツアー報告です。

ツアー初日、鳥取県内の歩きたくなる道500選を2コース歩きました。まずは米子のコースです。市内の湊山公園をスタートし、さまざまな彫刻が展示されている遊歩道を米子駅に向かって歩きました。写真左は公園内で飼育されていたサルの檻に群らがるツアー一行。快晴のもと綺麗な海を眺めながら歩くことができました。

1 2

続いてバスで移動して大山町のコースへ。こちらは中山小前からスタートし、木の根神社まで歩きました。木の根神社は子宝の神様として祀られており、神社の近くではその木の根を形どった饅頭が名物として売られています。写真右は試食とお買い物の様子。

3 4

大会初日、雨を覚悟の予報でしたがなんとか降られずに歩くことができました。これくらいの季節になると晴れよりも曇り空の方が日差しがなくて歩きやすいです。マンガ・名探偵コナンの作者の出身地も歩きました。街中がコナンだらけ!倉吉の白壁土蔵群は健在です。

5 6

この日は希望者を近くの歩きたくなる道500選のコースにご案内しました。ここにきて雨がちらほら…。東郷池周辺を歩くコースです。中国式庭園「燕趙園」の立派な門前も歩きました。

7 8

大会2日目、雨は夜降りきってくれたのか、この日も傘なしで歩くことができました。朝、会場で地元の子どもらによる太鼓の演奏を披露していただきました。地元の小さい子どもたちも大会に参加して頑張って歩いてます。

9 10

大会終了後、空港へ向かいがてら神話「因幡の白兎」の舞台、白兎海岸へ立ち寄りました。風が強かったですが、綺麗な砂浜と日本海を見ることができました。写真右は白兎神社から眺められる日本海です。遠くに水平線が見られます。

11 12

2年ぶりに参加した大会でしたが、今年も地元の中学生を中心としたボランティアスタッフの方々に温かく迎えて頂きました。鳥取県はウオーキング立県を掲げており、様々な手法でウオーキングを県民の健康づくりに取り入れているようです。家族連れの地元参加者も多数見かけられ、また運営している実行委員会からも参加者に楽しんでもらおうという気配りが感じられる素晴らしい大会だと感じました。来年は是非バスdeウオークでご参加下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です