世界遺産ウオーク「富岡&日光」

日本が世界に誇る文化遺産、「富岡製糸場と絹産業遺産群」と「日光の社寺」を1泊2日で巡ってまいりました。

まずは富岡です。構成要素は4つあるのをご存知ではない方も多いのではないでしょうか。今回のバスのドライバーさんも行ったことがない!というくらいマイナーな場所ですが間違いなく世界遺産です!

田島弥平旧宅。ここは養蚕手法を確立した田島さんのお宅です。著作『養蚕新論』は当時の大ベストセラーで、養蚕に必要な通気を考えた家の作りは近代養蚕農家の原型だそうです!存じ上げず大変失礼致しました!

 

荒船風穴は天然の冷蔵庫といえる施設です。こちらに蚕の卵を保存することにより、これまで年に1回しかできなかった養蚕が複数回行えるようになったということです!外気温は23.4℃、風穴内は0.7℃でした!存じ上げず大変失礼致しました!パートⅡ

 

富岡製糸場は教科書にも出ていたのでさすがにこれはわかります。しかし、女工さんを募集したけど当時政府が雇用していた技師がフランス人で、彼らが飲んでいるワインは若い女の生き血だという噂があったため募集に誰も応じなかったという逸話は知りませんでした!Je suis desole!

 

高山社跡、初めて聞きましたその名前!申し訳ありませんでした!パート100!ここは養蚕学校で、北は北海道、南は沖縄まで(!)、全国からここに学びに来ていたというすごいところです。まさに当時の日本は国を挙げて生糸生産に燃えていたのですね!

 

ホテルに宿泊したら、蛾の夢を見た…

そして翌日は日光です。中学生の修学旅行以来かな!こちらもガイドさんの説明でディープなところまで勉強することができました!たぶん当時の自分より楽しめました!大人最高!酒も飲めるしタバコも吸える!

 

日光名物ゆば弁当を頂いた後は、歩きたくなる道500選のコースで締めくくりです。憾満ヶ淵には並び地蔵がありますが、行きと帰りでは数が合わないという説から「化地蔵(ばけ地蔵)」と言われる心霊スポットであるということは、申さぬが花でしょう…

 

ウオーク後、日光の天然氷のかき氷を食べて終わり!ふわっとお口の中で消え行く食感はまさに600円の価値ありと信じたい!

というわけで、蛾の夢は見ましたが、それほどに強烈なツアーだったということでしょうか世界遺産!またまだみなさんの知らない魅力がありそうです!行ったことがある人でも十分に楽しめるようなツアーを目指しておりますのでよろしくお頼み申し上げ奉ります!

鳥取県500選ウオーク×10

空梅雨なのか、極端に雨が降ったり、天気が読めない日が続いています。
先週水~金は歩きたくなるみち500選の鳥取県×10コースのツアーでした。
初日は古い町並みの智頭、雨で固まって歩き易かった砂丘、フナムシと大きなハサミのカニが歩いていた湯梨浜をウオーク。

二日目は三朝温泉、倉吉、天の真名井、米子西を歩いて時間が巻いた関係で大山寺へサプライズご案内。

最終日は米子の彫刻ロード、名和、境港を歩きました。お弁当は大山おこわ(超美味)でした。


暑い3日間でしたが、皆さん元気に完歩。お疲れ様でした。これからも月一ペースで募集しておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

e-旅花倶楽部 7月秦野 ブルーベリー摘取体験とユリ

7月の花倶楽部は神奈川県秦野市へ。
最初に訪ねたのは関東のいずもさん、「出雲大社相模分祠」。
こちらは小田急小田原線の線路のすぐそば。島根県の出雲大社の真東(まひがし)にあるそうです。千年の杜には秦野の水を汲める井戸、軟らかでなめらかな味でした。

 
その後、秦野戸川公園へ。丹沢方面の登山をする人たちの玄関口になっています。ビジターセンターでは周辺の山に暮らす動物たちの剥製などが展示されていました。ハクビシンは生きているかのようでした。

園内ではいい香りのラベンダー、ユリ、アジサイが見ごろ。

「風の吊り橋」は風もなく、暑いだけでした、、往復して駅前のお寿司屋さんで調達した巻物・お稲荷さんのお弁当タイム。

午後からは公園の近くにある「秦野いとう農園」さんでブルーベリー摘み取り体験です。
園長のアドバイスどおり、色が濃い物を摘み取り。目の健康の為にたくさん食べました。

いとう農園さんでは摘み取ったブルーベリーを量り売りしています。私も少し持ち帰りました。

摘み取り後、バスで「はだのじばさんず」へ。たくさん夕飯の食材を買い込みして帰京。
同じ市内を廻っていたので、スムーズな移動が出来、雨に降られる前に帰京。
皆さん、暑い中ご参加ありがとうございました。
花倶楽部は8/30(水)御岳山、9/27(水)豊橋集合解散ツアーへと続きます。
どの回もお席に余裕ございます。ご参加お待ちしております。