第35回長崎五島ツーデーマーチ

昭和~平成~令和と3つの時代に渡り開催されることとなりました、歴史深い「長崎五島ツーデーマーチ」に行ってまいりました!

ツアー初日、長崎空港から長崎市内に入り中華街でランチ、その後オランダ坂を歩いてグラバー園を見学しました。界隈は修学旅行の子どもたちで賑やかです。この日は高速船で夕方に五島に入りました。

大会初日、福江港から会場の奈留島へ移動しました。世界遺産の江上天主堂を目指して約20km歩きます。お昼は豪華弁当にお刺身!地元の食を堪能しました!

この大会は団体歩行ですが、こまめに休憩があり、その都度地元のお菓子をいただけるという手厚いご接待もあるのでそれほど疲れを感じずに歩くことができました。また、救護カーも常に運行しているので安心して歩くことができます!15時くらいに無事にゴールできました。

大会2日目、今日は福江島のコースです。島のシンボル「鬼岳」を周遊してきました。今回の最遠来者である青森県のウオーキング協会会長の檄で出発です。

鬼岳からは周辺の海に点在する島々や福江島の港、畑などが一望できます。この日のお昼は五島特産の鯛で出汁をとったなににでもあうカレーでした。デザートつき!心配り半端ない~

両日とも天候に恵まれて五島ツーデーマーチを堪能することができました。スタッフの皆様や島の方々の温かい人情に触れる旅でした。こうした大会は全国でも珍しく、固定ファンを獲得しているようです。ぜひバスdeウオークでご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です